動脈硬化を進める危険が高まる

精神科での投薬は、生き地獄への第一歩低血糖症から精神的症状が出ると、ほとんどの方がまず病院を思い浮かべます。
目的とせずに、臭いものに蓋をする式の安易な治癒法に流れます。原因を突き止めず、根治を体の具合が悪いと、だれもが病院に行ったの?
ときくことからも、それが分かります。
病院→医師→薬この絶対信仰は揺らぐことがありません。精神的な病でも同じです。でも、ちょっと待ってください。
今や低血糖症の二次的被害、つまり精神科からの投薬で身動きできない地獄へと堕ちていく事のほうが問題です。こころと体を切り離して考えること自体、大きな間違いです。
カウンセラーの友人たちに訊いたところ、こころと栄養学、ちなみに私の場合、食事と脳の関連性などは、診察時に食生活を問われたことは一度もありませんし、いっさい学ぶことはないそうです。
食事の指導らしきものも一切ありませんでした甘いものの食べすぎで低血糖症になった。それは食改善で直るものですが、薬の副作用は脱け出すことがかなり困難です。ですから、しっかりと知識を持ち、お手軽に薬を服用することがないように、と声を大にしても言い足りません。本当に日本の未来を案じます。
また現在、日本の精神病患者数は258万人厚労省¥平成14年調査、人と推定され、うち、患者数は20万人という驚く数字です。うつ病患者の潜在人口は600万年率約20%増加しているというのです。
言います。20%も年々増えてが、さらに驚いたことに、いるのです!

検査に行くように指示されても無視してきました。

もう一度、厚生労働省は平成16年の1月に、全国の都道府県、及び保健所の職員に向け、うつ対応マニュアルを作成しました。
それほどまでに、うつ病が増加しているということです。
ちなみにアメリカでは5人に1人がうつ病で、肉食中心の国はうつ病が多いという調査結果もあります。(ノーマン·セーラム教授¥アメリカ国立衛生研究所¥1966年)。
そして、統合失調症(精神分裂病のことで2002年に改められました)’日本の患者数は73万4000人で、世界では約2400万人が患者です。WHO国際疾病分類によるといま、日本で世界で、とんでもないことが起こっています。テレビでは報道しない向精神薬
の恐怖!
低血糖症→身体的症状→精神的症状→心療内科→投薬この流れは、誰もが陥りやすいものであり、非常に危険です。
私はカウンセラーの友人の勧めから心療内科を訪れ、抗うつ剤、睡眠剤を飲み1日1回1年弱、その

  • 副作用から脱け出すのに8年以上もかかりました。

     

    神経が緊張しています。

    医療を実現か体の声に耳をすませてみよう私が目指す女性外来看護学科を受講するのもけっこうです。

  • 真面目な患者ではなかったので、1日3回の服薬を守らず1回のみでしたが、それでも副作用から顔が紅くまだらになりアトピーのようになりました、とても外出はできない状態でした。精神的には、その100万倍くらい苦しかったですね。薬を飲んでさらにつらくなるのですから、不思議です。ドーンと突然、こころが重くなり、どうしようもない苦しみが襲うと何もかもが嫌になります。
    言葉では表現できないもので、その苦しみ度合いは許容限界をはるかに超えていましたこの感覚は実は、これは私だけの症状だと思っていたのですが、もしかすると薬のせいでは、と疑いを持ったのです。
    ある日、友人より驚くことを聞いたことがきっかけで友人の父親は肝臓ガンで入院していましたが、抗ガン剤の他に抗うつ剤を投与されていました。
    友人はある日、何氣なく父親の症状をこのように言いました。
    「困っているのよ、農薬を飲んで自殺してやるーって叫ぶのよ。こんなの人間の生活じゃないーって。

    予防などの効果も。ドーンと氣持ちが落ち込むんだって。そうするとね、どうしていいのかわからなくなるって」
    えっ?
    何か私の症状と余りにも酷似していたので、大変に驚きました。これは、もしかすると、同じではないか^ドーンと落ち込むというのさえ、表現法が同じでした。これは、おかしいとかなり疑問が残りました母が亡くなった直後も哀しみは限度を超えていましたが、それは自然体の苦しみであり、どうにか日薬で立ち直れるものだったでしょう。しかし、投薬による苦しみは感情を自分でコントロールできず、ある日などは私は異常な病氣になっていると泣きながら叫んだこともありました。ただし、これは私の場合であり、攻撃的になる場合もあります。テレビでは報道しませんが、重大犯罪や事故の陰に、ますし、向精神薬の副作用で死亡することがあります。実は犯人が精神薬を飲んでいたという事実が多くあり知っていましたか?
    知らないでしょう。
    まあ、次の記事を読んでください[向精神薬4年間に副作用で死亡127件厚労省公表せず向精神薬による副作用の悪性症候群で、01年度までの4年間に1054件の重篤な症例が厚生労働省に報告され、うち死亡例が127件あることが分かった。
    神経は腎臓の働きをコントロールしている
    神経は腎臓の働きをコントロールしている

    アレルギーや痛みをもたらす物質であ

    症状と考えられる場合厚労省は向精神薬による悪性症候群について過去2回医薬品等安全性情報で注意を促したが、死者数は公表せず、この7年間は安全性情報を発していない。向精神薬の安全対策の遅れが指摘されている毎日新聞/2003年1月21日
    安全対策厚労省が公表しないのでは、の遅れなどというなまぬるい言葉では、知る由もありません。
    厚労省のその意図は一体何なのでしょうか?
    到底納得できません。
    緊急事態です。前記したように精神科を訪れる人々が年々増加している実態を知っていて、薬の副作用の被害を隠蔽する必要があるのでしょうか記事にはさらに、「製薬会社は死亡や障害などの重い副作用を厚労省に報告する義務があるが、怠っても罰被害の実態は10倍以上との指摘もある」と書いてあります。1年間に2635人。
    則はなく、仮に10倍として、4年間に1万540件です。
    1日17人以上が重篤、つまり瀕死の副作用で苦しんでいることになります。
    多分、実数はさらに大きく上回ると推測されます。
    厚労省は、国民が向精神薬を飲んで死亡しようが、関係ないとでも思っているのでしょうか。

    心筋梗塞や脳梗塞

    まったくもって理解できません。
    とことん、日本という国は地に堕ちました。
    もはや、国を信頼していては、わが身を守ることはできません。
    推測できることです。
    お解かりでしょう。
    テレビが薬の副作用について報道しないのは、スポンサーというおばけが後に控えているからです。
    情報も当てにならないことが、精神薬の副作用を知らないと大変なことになる!
    精神薬の副作用はおよそ患者しか知らないことです。
    作用を羅列してみましょう。ひどいものです。この本を手にする健康なあなたのために、ちょっと副[精神安定剤のヒルナミン]-副作用突然死、悪性症候群、再生不良性貧血、麻痺性イレウス、眼障害、過敏症、血液異常、頻脈、不整脈、悪心嘔吐、下痢、便秘、視覚障害、頻尿、頭痛、不眠、眠氣、遅発性ジスキネジア、SIADH、SEL様症状パーキンソン症候群など。
    細胞のいろいろな活動のスイッチがオンになるわけです。


    看護学科を受講するのもけっこうです。 うつに当時の私 検査を行わず画像だけ